【最新 美容室集客】2017年美容室の集客手法決定版! 

美容室の経営・集客支援をさせていただいております。

I’s Consulting,Inc. 杉守です!

今回は2017年最新版の「美容室集客方法」をご紹介させていただきます!

[vsw id=”VIdhemyIJ-Q” source=”youtube” width=”600″ height=”338″ autoplay=”yes”]

美容室における大まかな集客施策 3分類

  • リアルでの集客施策
  • WEBでの集客施策
  • クチコミでの集客施策

美容室におけるリアルでの集客

現在の美容室におけるリアル集客としてよく利用されているのが

①DM・はがきでの集客

②お店の前でのチラシ配布での集客

③地元情報誌での冊子からの集客

これらが現在、リアル集客での効果が高いものとして利用されているのものですね。

しかし、これらの集客方法で最も注意すべきなのが

「回収率」

となります。

実際に、これらを取り組んでいらっしゃる美容室様は大勢いらっしゃると思います。

しかし、はがき1000枚発送して何枚帰ってきたのか? どの世代が反応が良かったのか? 回収率にはなにか共通項があるのか?といった分析までを行うことがとても重要になります。

実際問題、はがき・DM・地元情報誌での回収率はかなり差が開きます。

理由としては

①見込み顧客のいるゾーンにしっかりと送れている事

②他社との差別化したコピーライティングができている事

③潜在意識に留めさせることができる事

①見込み顧客のいるゾーンにしっかりとアプローチするには?

見込み顧客にしっかりとしたアプローチをすることは売上の向上&経費の削減を可能にします。

無駄なはがき・DM・チラシを減らして、売上が向上した場合には営業利益ベースで2倍の開きがあります。

それでは、見込み顧客を探すにはどうしたらいいのか?

 

答えは、自社の顧客をセグメント別にしっかりと分析することです!

なぜ、自社の顧客を分析するのかというと

自社についているお客様こそ、自社の良さを分かってくれる層となります。

つまり、全顧客を年齢・性別・趣味嗜好・地域・家族構成を統計してみるとおのずと自社にあった顧客ペルソナが見えてくるかと思います。

次に、使うのは商圏分析ツールにより、分析した顧客ペルソナが多くいる地域にアプローチをかけます。

商圏分析ツールは無料で使えるものもありますので試しに使ってみてください!

まとめ

リアル集客(紙媒体)では、自社分析から見込み顧客の共通項を見つけて、そのターゲットの多い地域に徹底的に配布する! 

そして、回収率を分析して仮説検証を繰り返し、回収率の向上を1年かけて取り組む!

美容室におけるWEB集客

美容室のWEBに関する集客として主に考えられるのは

・Hot Pepper

・ホームページ

・SNS

・リスティング広告&バナー広告

・Youtube動画

このへんでしょうか。

これらを1つずつ分解してみましょう。

Hot Pepperでの集客

昨年Hot Pepperの掲載価格が上がりました。

しかし、集客力は変わらず

むしろ低下の集客力としても傾向にあります。

Hot Pepperを利用する目的は主に2パターンになります。

①新規集客をしたい

②1万円プランでWeb予約システムとサロンボードを使いたい

この場合②のパターンを選択されている方は賢いと思います。

なぜなら、Web予約システム単独でのサービス価格を考えたときにHot Pepperが一番安く

POSレジを利用する際にもHot Pepper掲載なら無料で出来るからです。

しかし、新規集客はHot Pepperではできませんので別集客を自社で取り組むことになりますので、手間としてはある程度覚悟する必要があります。

①のパターンの場合が圧倒的に多いと思いますが、Hot Pepperを利用しても新規顧客のが悪いため(クーポン利用目的など)いまいち売上には繋がりにくいといった状況に多くの美容室オーナー様は頭を抱えていらっしゃいます。

じゃあ、Hot Pepperの売上を上げるためにどうすべきか?

答えは1つです。

LTVを向上を意識して、顧客の固定化を図り口コミ効果で質の高い似たユーザーを集客すること

LTVを意識して、顧客の固定化とは?

つまり、リピートする可能性の低い顧客の集客を減らし、意識の高い顧客の集客に徹底することがとなります!

対策1:メニューを高単価メニューと、低単価メニューに分ける

美意識の高い顧客は、トリートメントやヘッドスパといった付随サービスを利用しやすい傾向にあります。

そこで、通常のメニュー+付随サービスを付けたメニューを充実させることが重要です。

カット+カラーやカラー+トリートメントといったセットメニューは多くの美容室で採用されていると思いますが、トリートメントの種類によって分ける・カラー材の種類(通常orイルミナ・スロー)といった細かい要素によって分けるといった点が実は簡単にできてリピート顧客を呼ぶ重要な要素になります!

対策2:お店の雰囲気を存分にアピールして値段以外のところで魅力を感じてもらう

これはとても難しく感じられるオーナー様が多くいらっしゃいますが、実際はとても簡単です。

①サロン情報のページを細かく設定する・画像をふんだんに使う。

②Hot Pepper内のブログを使ってお店・スタッフの印象をアピールする。

上記をやるにあたって、重要なのは「まめに・コツコツと!」

目標とするところとしては、競合美容室のブログ投稿数・メニュー数は必ず超えるようにしましょう!

ホームページでの集客

このご時世、お店を運営するにあたってホームページは必須となっています。

そして、女性は友人からの口コミで「あの美容室いいよ」と聞いても80%以上の方が、ネットでお店を調べるといったデータも出ております。

ホームページの集客はあまりにも多くの注意点があるため今回は要点を3つに絞ってご説明します!

①SEO対策業者は利用しない!

②スマホ対応のホームページに改善しておく

③ブランディング<明朗な価格表示&お客様の声を表示する!

①SEO対策業者は利用しない!

「SEO対策しませんか?」といった営業電話がかかってきたことはありませんか?

実際にSEO業者にお願いして毎月数万円を支払っている美容室オーナー様を多くお見掛けしましたが、今後は絶対にやめてください!

2017年になり、Googleの検索エンジンのアルゴリズムが変わりより「質の高いコンテンツ」を上位に表示するようになりました。SEO業者の行う対策では、はっきり言って通用しなくなってきております。

そんなSEO業者に対価を支払うのであれば、ご自身で記事を50ページほどに増やしてみてください!

必ず効果が出ますよ!

②スマホ対応可のホームページに改善しておく

スマホサイトにする理由としては、2点あります。

1、ターゲットである女性は、PCではなくスマホで検索している

これは数値としてもでていますので、必ずやりましょう!

2、SEO対策として期待できる⇒スマホサイトを上位表示しやすいといったデータあり!

課金型WEB広告での集客

リスティング広告・バナー広告・PPC広告といった呼び方は多くありますがざっくりとは同じ類ですのでまとめてご説明します。

昨今、美容室の集客においてリスティング広告は有効なのか?

「Hot Pepperを含むポータルサイトがサロン名+地域で広告を出しています」

大体の表示順位は1位Hot Pepperとなっておりますが、実は広告単価は低く設定単価では1位表示は結構簡単です。

が、しかし 実際の効果としてはイマイチ

サロン単体ではイマイチなリスティング広告ですが、組み合わせ技で使えば

「ポータルサイトを出し抜いて、かなりの効果の高い広告を出すことができます!」

それは、リマーケティング広告です!

簡単にご説明すると、一度興味を持ってホームページに訪れてくれたユーザーに対して、離脱後もバナーによって追尾する広告手法になります。

つまり、自社のホームページを見るのをやめて、他のことを調べている間も自社サロンのバナーが一定数追ってくるといったある種ストーカー的・スパイ的なやり方なのです。

なぜ効果的なのか?

人は、物事を忘れながら生きていくため

ある程度時間がたったらこちらからリマインドさせることが重要になります!

大手メーカーでも定期的にテレビCMを行っていることは実はリマインドを目的として、潜在意識に訴えかけているのです!

実際にリマーケティング広告は数百円からできますので是非挑戦してみてください!

まとめ

WEBでの集客は必ず相手、つまりは顧客を意識して集客してください。

ただやみくもにSNSで画像をアップするのではなく、次にここに来てほしい、ここを見てほしいといったゴールを意識した集客をしてください。

WEBでの集客ははじめは大変ですが、慣れてきたら24時間集客が可能ですので美容室としては大きな資産となります。

そして、アシスタントに業務担当を任せることで、売上では生産性は低いが実は大きな役割を与えることができますので、ぜひ試してみてください!

口コミでの集客について

初めのうちは広告費をかけずに口コミで集客をします!

コンサルをしているお客様でよく耳にします。

しかし、そもそもクチコミといったものは

・時間がかかる

・いいクチコミだけではない

・普及範囲が限定される

といったデメリットがあります。

口コミを本当に活用して集客に結び付けたいのであれば答えは一つ。

リアル集客+クチコミ

WEB集客+クチコミ

といった合わせ技が一番効果的で即効性があります。

リアルの集客でいえば、POPにお客様の声(クチコミ)を書いてPRする

WEBでいえば、ホームページにお客様の声(クチコミ)を取り上げて掲載する。

このような手法を使えば

①こちらのPRしたい情報をクチコミとして伝達できる

②あらかじめ組んでいた予算に組み込むことができる

③ターゲット顧客が絞れる

といったメリットがあります。

ポータルサイトにおいても、クチコミを書いてくれた方にはOOO円OFFといったメニューを追加することで、クチコミ数はかなり増えていくでしょう!

その中で注意点として、ホットペッパーでは口コミを消すことはできないので、クチコミを書いて値引際には、施術中に口コミを書いてもらうようにしましょう!

面と向かって最悪のサービスでした!と書く人は少なく、より高評価なクチコミを書いてくれますので施術中のオペレーションをスタッフミーティングで打ち合わせてサロン一丸となって行うほうがよいでしょう!

まとめ

クチコミは使い方次第で、良くも悪くもなる!

だからこそ、しっかりとした取り組み方で良い方向に持っていく仕組みを作りましょう!

最後に

いかがでしたでしょうか?

まだまだ、集客方法には多くのやり方が存在します。

今回は、大枠の3つに絞ってご説明いたしましたが、もっと詳しく聞きたい。

経営改善として実践して欲しいという方はお気軽にご相談ください!

関連記事

  1. 資金繰り表でキャッシュ管理を!

  2. 「店舗設計デザイナー」と「工事業者」の選び方

  3. 労働保険と社会保険の加入について

  4. 【美容室オーナー必見】美容室の年間イベント別集客が収益倍増!

  5. 絶対必要!【開業届け】

  6. 「一括発注」と「分離発注」