美容室開業資金は日本政策金融公庫で!

美容師としていつかは独立開業したい

このサイトをご覧になっているあなたは、美容師として独立開業を目指していらっしゃるのではないでしょうか?
美容室で働くひとの数は、日本全国で50万人といわれています。
ほとんどすべての美容師にとって、自分の美容室・美容院を開くことは夢であり、目標です。
内装にも凝った素敵な空間にお客様をお迎えし、多くの女性に美しくなっていただく。「まあ、綺麗!」と笑顔になっていただく喜びは何物にも代えがたいものです。
美容室は過酷な職場だといわれています。でも、一生懸命に働くことができるのは、お客様が綺麗になった時の喜びを共有したいと思うからです。
そして、その達成感を知ったなら、一度は自分の美容室を・美容院を開き、思い通りの仕事をしてみたいと、誰しも考えます。
しかも、美容室はオーナー経営者だけが経済的に潤い、勤務するスタッフのお給料はかなり抑制されているのが通常ですから、快適な暮らしを手に入れるためにも、自分の美容室・美容院を持つことは譲れない目標になってきます。
ところが、美容室・美容院を開業するには資金が必要になります。
あなたは出店のための資金をすべて貯金やご親族からの資金援助で賄えますか?
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

美容室成功は、十分な資金の確保から

美容室・美容院は、売上代金が毎日現金で入ってきます。 なので、いったん開業してしまえばその後の資金繰りは楽になると考えがちです。
ところが、開業してみたところ、イメージしていた売上と利益にはほど遠いという美容室が少なくありません。
資金繰りの苦しい美容室・美容院の経営者の多くは、店舗立地と内装に問題があると考えています。
この分析はおそらく間違ってはいないでしょう。
オシャレな印象がない地域や、人通りの少ない場所に店舗を構えても、お客様はなかなかやって来てくれません。
居心地の良い空間を提供しなければお客様はリピートして下さいません。
しかし、この2つの問題点は、美容室・美容院を開業した後には改善が困難です。
では、なぜ、このような2つの分かり切った問題を開業時に解決できなかったのでしょうか?
それは、開業前に用意した資金が少なかったために、投資額を削って、妥協の産物としてその場所にその内装で出店したからです。
すなわち、十分な資金を用意しなかったが故に、開業後に取り返しのつかない失敗をおかしてしまったのです。
あなたがもし、これから美容室・美容院を開業しようとしているのであれば、このような失敗を避けたいと思いませんか?では、開業のための必要額に達するまで貯金をしなくてはならないのでしょうか?
必要な資金が2,000万円だとして、今の収入から生活費を差し引き、残りを貯金した場合に開業までに何年かかるでしょうか?
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

日本政策金融公庫からの借り入れが成功への近道

いち早く開業したいけれど、美容室開業資金を貯めるために時間がかかるというこの問題をあなたはどう解決しますか?
簡単に借りられるからといって、消費者金融やカードローンを利用したのでは、金利が高いため返済が困難になるでしょう。
そもそも、美容室・美容院の開業資金はカードローンなどで賄えるような小さな額ではありません。
だからといって、銀行に借り入れのお願いをしても、銀行は実績と担保のない新規開業者には融資してくれません。
新規開業のための資金を安い金利で簡単に借りられる仕組みはないものでしょうか?実は、美容室・美容院出店資金を低金利で簡単に借りられる金融機関があります。
それが日本政策金融公庫です。
日本政策金融公庫は、政府が出資している政府系金融機関のひとつです。新規開業を増やして、日本経済を発展させること等を目的として運営されています。
ですから、民間の銀行では困難な新規開業事業者への融資を積極的に取り扱っています。
もし、あなたが手許に十分な資金を用意できない状況で出店を検討していらっしゃるのであれば、日本政策金融公庫からの借り入れを真っ先にご検討いただきたいと思います。
日本政策金融公庫から融資を受けることで、あなたの開業は成功に大きく近づきます。そして、もし、あなたが日本政策金融公庫からのお借り入れが難しいとお感じでしたら、我々にお借り入れのサポートをさせて頂けないでしょうか。
資金調達を得意とするアイズコンサルティングがあなた様のお借り入れを成功に導きます。
我々には資金調達成功の自信があります。ですから、お借り入れが実現するまでは1円も報酬を頂戴することはございません。
完全成功報酬にて、資金調達コンサルティングをお引き受けさせて頂いております。
どうかお気軽にご相談ください。
美容室開業融資サポートはコチラから!
日本政策金融公庫、銀行の融資はお任せください!
 

関連記事

  1. 融資申請のポイント(2) 借りたお金を何に使いますか?

  2. 絶対必要!【開業届け】

  3. 融資申請のポイント(1) いくら融資してほしいですか?

  4. 美容室の新規集客5ポイント! 最低限抑える5つの事

  5. サロンコンセプト

  6. 居抜き物件とスケルトン物件の違い