融資申請のポイント(2) 借りたお金を何に使いますか?

融資申請の2つ目のポイントが、「何のためにお金を借りるのか?」ということです。
最重要ポイントといってよいでしょう。

銀行にお金を借りるためには資金使途の説明が必要

そもそも銀行は理由なくお金を貸したりしません。

銀行がお金を貸すのは、それなりの理由が必要です。

新しい機械を買うため、仕入れ先に払うため…等々の理由があってこそ初めて、融資審査の土俵に乗ります。

使途が決まれば返済財源が決まる

銀行が資金使途を重視する理由がもう一つあります。

それは使途が決まれば、返済財源が決まるためです。

たとえば、新しく店舗を設置するだとか、機械を買う等といった設備投資のためにお金を借りたいのであれば(設備資金の返済財源は基本的に経常利益なので)、経常利益がきちんとでるような融資計画を示さなければなりません

これに対し、仕入代金や従業員の給料のような運転資金のためにお金を借りたいのであれば、売上が返済財源です。
ですからこの場合は、売上の確保を重視する返済計画を考えることになります(もちろん経常利益が出るかどうかも当然検討はします)。

いずれにせよ大事なことは、何に使うか? によって融資申請のポイントが変わるということですね。
ですから融資を申請するときは使途を明確にすることが大事です。

当然、運転資金に使うと申請したのに設備資金に使ったり、A事業のために使うと申請したのにB事業のために使ったりするのは厳禁です。絶対にやってはいけません。

関連記事

  1. 【美容室オーナー必見】美容室の年間イベント別集客が収益倍増!

  2. 絶対必要!【開業届け】

  3. 美容院の開設手続き、届出の手順を注意点をわかりやすく解説

  4. サロンが開業するまでのスケジュール

  5. 美容室開業資金は日本政策金融公庫で!

  6. 融資申請のポイント(1) いくら融資してほしいですか?