居抜き物件とスケルトン物件の違い

こんにちは!
サロン経営コンサルタントの杉守です。

居抜き物件

全テナントが使用していた造作や設備等が残っている物件

居抜き物件とは、前テナントが使用していた内装の造作や設備・什器等が残っている物件のことです。前テナント側との交渉が必要ですが、必要なものをそのまま引き継ぐことができれば、内外装工事費を大幅に減額することができます。しかし、気を付けなければいけないのが、素人判断で居抜き物件の状態を判断してはいけないということです。専門業者に確認してもらったら、使えると思っていた造作や設備等が使用できず、結局、解体や廃棄費用等も上乗せで発生し予想以上に費用がかかってしまったというケースも少なくありません。

スケルトン物件

物件が建物躯体のみで店舗の内装設備等がない状態

スケルトン物件とは、一般的に室内が建物躯体のみで内装設備等がない状態の物件のことをいいます。スケルトン物件の場合は、室内の内装、設備といった工事は開業者が行ないます。何もない状態から店舗づくりを行いますので、費用はかかりますが、自由度があり希望通りのデザインをつくりやすいのが特徴です。

居抜き物件とスケルトン物件のメリット・デメリット

それぞれのメリ・デメを把握し、ベストな物件選定をしよう!

素人判断で決めてはいけない物件選びは慎重に!

スケルトン物件は必ず費用が高くつき、居抜き物件は必ず費用が安くつくというわけではありません。居抜き物件と言えど、譲渡条件によっても費用は変わりますし、物件(内装や器具等)の状態によっては追加費用がかかるケースもあります。

物件を決める際は、必ず専門業者による現地調査を依頼し、希望の内装や設備機器の導入、そしてレイアウトなどを詳しく伝えて、見積もりや平面図を慎重に確認することが大切です。物件によっては、水道・ガス配管の位置が制約となり、希望のレイアウトができないケースなども考えられます。また、初期費用の圧縮ばかりに気を取られ、ターゲット顧客を意識した物件選びがおろそかになっては本末転倒です。多くのお客様に来店してもらってはじめてサロンは成り立ちます。物件を選ぶ際には、最初に作った事業計画書の内容に立ち返って、設定した条件に見合う物件かどうかで判断するようにしましょう。

 

関連記事

  1. サロンコンセプト

  2. 「店舗設計デザイナー」と「工事業者」の選び方

  3. 資金繰り表でキャッシュ管理を!

  4. 労務トラブル

  5. 融資申請のポイント(2) 借りたお金を何に使いますか?

  6. 美容室の新規集客5ポイント! 最低限抑える5つの事