サロンが開業するまでのスケジュール

こんにちは!
サロン経営コンサルタントの杉守です。

サロンが完成するまでのスケジュール

流れをつかみ「お金・時間・労力」をロスをしないように!

店舗が完成するまでの工程は少し複雑で、手順を間違えてしまうと「時間・お金・労力」を大きくロスしてしまいます。手順のポイントをしっかり抑えた上で、スケジュールを立てましょう。

 

失敗しない!?スケジュールの立て方

「時間・お金・労力」をロスしないためのスケジュールづくり

業者選定は、物件選定の開始前までに!

人気物件の場合は、すぐに物件申込をするかどうか決断しないと競合にとられてしまう可能性があります。そうならないように、いい物件を見つけたらすぐに現地調査を行い、条件に見合う物件かどうか確認する必要があります。

 

 現地調査は専門業者に依頼する!

理・美容サロンは、水道・電気・ガス等を他業種より多く使用する場合があります。計画しているサービスを行うことができるだけの設備を整えられるか、素人判断はやめ必ず専門業者に確認してもらいましょう。そして、融資を受ける場合は、できるだけ早く概算見積と平面図を出してもらえるよう事前に伝えておきましょう。物件契約は通常融資決定後に行いますので、それまでの期間が長くなってしまうと、物件オーナー(貸主)が他の競合に物件を流してしまうこともあります。

 店舗設計デザインは、物件申込後できるだけ早い段階から始める!

一般的には、物件契約後まもなくして物件引き渡しとなり家賃が発生します。無駄な家賃を少しでも減らすために、物件申込をしたらできるだけ早い段階から店舗設計デザインを進め、引き渡し後すぐに工事に入れるよう準備を進めましょう。この場合、物件契約や融資が決定する前から設計デザインを依頼することになります。依頼予定の店舗設計デザイン業者には、設計デザイン料の一部を前金として支払えば、不確定な業務であっても業務を進めてくれる場合が多いです。物件契約や融資が決定せず開業を見送った場合には、前払いした一部の設計デザイン料は戻ってきませんので、その点も十分に考えたうえでどう進めていくか検討しましょう。

関連記事

  1. 融資申請のポイント(4) 担保があれば融資されやすくなる

  2. 美容業の景気状況

  3. 事業ビジョン

  4. 資金繰り表でキャッシュ管理を!

  5. 美容室の新規集客5ポイント! 最低限抑える5つの事

  6. 「店舗設計デザイナー」と「工事業者」の選び方